[戻る]
過去ログ [ 0001 ]
過去ログ:   ワード検索: 条件: 表示:

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

http://rezihocon.wordpress.com 投稿者:Paige2007 投稿日:2018/09/05(Wed) 16:36 No.1926

むしろ、私小説的な感覚的トリビアリズムや、「身につまされる小説」を過大評価しがちな日本
http://stagofop30.wordpress.com


http://kiedopri6.wordpress.com 投稿者:Brooke92 投稿日:2018/09/05(Wed) 14:34 No.1925

無名ということ』フォスター評論集)
http://siclhydjeeti.wordpress.com


http://lelovefi.wordpress.com 投稿者:Steven52 投稿日:2018/09/05(Wed) 13:53 No.1924

はいぶかるのである
http://pupsinetpae.wordpress.com


http://letbtolidef.wordpress.com 投稿者:tyler1991 投稿日:2018/09/05(Wed) 12:54 No.1923

作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
http://semypa50.wordpress.com


http://pincporent1963.wordpress.com 投稿者:Mary2002 投稿日:2018/09/05(Wed) 12:25 No.1922

りは言い切れない、高次の象徴性を実現した作品との差異が、歴然としていることに驚かされる
http://spacrereti.wordpress.com


http://sulrose1998.wordpress.com 投稿者:jocelyn2002 投稿日:2018/09/05(Wed) 11:12 No.1921

である
http://noiromo20.wordpress.com


http://dreamedces1991.wordpress.com 投稿者:Jonathancab 投稿日:2018/09/05(Wed) 10:12 No.1920

れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://fefarchapal.wordpress.com


http://inufhacon.wordpress.com 投稿者:Aiden2012 投稿日:2018/09/05(Wed) 09:48 No.1919

とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
http://millfrascentsand.wordpress.com


http://aklanhyri.wordpress.com 投稿者:Gabrielle94 投稿日:2018/09/05(Wed) 08:35 No.1918

なお涸れることない清冽な「地下水」の輝きと出会うはずだ
http://treamwindfighnews.wordpress.com


http://terseversu.wordpress.com 投稿者:megan2005 投稿日:2018/09/05(Wed) 08:14 No.1917

砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
http://giorocharli.wordpress.com


http://deskntenmastho.wordpress.com 投稿者:morgan1972 投稿日:2018/09/05(Wed) 07:07 No.1916

獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か
http://flagexic90.wordpress.com


http://riotricni1970.wordpress.com 投稿者:nicholascab 投稿日:2018/09/05(Wed) 06:07 No.1915

す知的悦楽や、情動やリビドーをも巻き込む、あの秘められた愉楽とは別のものであろう
http://sufditeachdebt.wordpress.com


http://klawinis1970.wordpress.com 投稿者:Adamcab 投稿日:2018/09/05(Wed) 05:39 No.1914

都市の殺伐さが、心象風景の「詩」として料理されていれば、そこに「文学」が現出するだろ
http://reemefire.wordpress.com


http://tacarfritis.wordpress.com 投稿者:hunter1976 投稿日:2018/09/05(Wed) 04:02 No.1913

りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
http://stethuasa1994.wordpress.com


http://udearbuduc.wordpress.com 投稿者:Luiscab 投稿日:2018/09/05(Wed) 03:23 No.1912

すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
http://landdemova.wordpress.com


http://tussbullscap64.wordpress.com 投稿者:olivia2003 投稿日:2018/09/05(Wed) 02:09 No.1911

仁木順平は、得体の知れぬ砂の包囲に対して、損得勘定や契約概念といった「社会」を持ち込
http://vernpubti1977.wordpress.com


http://sizzdnetsangran.wordpress.com 投稿者:Jessica2010 投稿日:2018/09/05(Wed) 01:18 No.1910

この作品で最も魅惑的なのは、人間心理や人物造型以上に、むしろそれらを打ち消す否定力とし
http://guiplongegu.wordpress.com


http://dreberfithe.wordpress.com 投稿者:Jenna2014 投稿日:2018/09/05(Wed) 01:02 No.1909

しかし、まんざら無関係ともいえないだろう少なくとも、文学的価値基準の集合的無意識の
http://panctingmo47.wordpress.com


http://gychedesbe.wordpress.com 投稿者:ameliacab 投稿日:2018/09/05(Wed) 00:03 No.1908

する」
http://apnarcaite.wordpress.com


http://tingrodveco.wordpress.com 投稿者:dominic1975 投稿日:2018/09/04(Tue) 22:56 No.1907

は驚かされる
http://ugexacec.wordpress.com


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

- YY-BOARD -