HOME > 虫歯治療

虫歯治療について

虫歯の治療

虫歯は通常軽度(穴が開いていない程度)であればレーザーを使います。
穴が開いていれば、詰め物をしなければなりません。
今はほとんどが白くわからないくらいに自分の歯のように再現して詰められます。
これはどこの先生でも行うことです。

一生自分の歯が使えるために

でも、本当に虫歯を治療すべきなのかどうかを考えてみましょう。
「ムシ歯です!」「痛いから削って詰めてください。」と自分で診断していませんか。
「ガン」の患者さんなら「私はガンです。取って治療してください。」と言っては来ません。
診断するまではまずは検査に次ぐ検査をします。
歯科はしっかり検査漬けをしたら時間と諸経費がかかるので、ともかく「削って詰めて終了」が一般的です。

何か問題が起きるのはこのあと数年から数10年単位です。
削って詰めて、何年かして、また削って詰めて・・・
そろそろこんなサイクルから抜け出しましょう。

①検査
②診断
③プランニング
④選択肢
⑤できるだけ最低限
⑥メインテナンス
 (ここでどのくらい”good”な状態が続けられるか。)

これらはデンタルケアの基本となるものです。
痛くなることもなく良い状態を保てるように、普段から歯医者と楽しく付き合いましょう。
一生自分の歯が健康で使えるために。

» ホームに戻る