HOME > 先制医療について

ホワイトニング

ホワイトニング

» オフィスホワイトニングはこちら

1、
インフォームドコンセントを行い、ホワイトニングについての注意事項を説明します。
  5、
カメラを用いてホワイトニング前の状態を記録します。
2、
お口の中全体の診査をします。
このときホワイトニングをするかどうかお口の中の状態を見て決めます。
歯周病、虫歯のある場合はそちらの治療を先にします。
  6、
歯の型を採り、マウストレーを作成します。
7、
マウストレーを試着して、変形が無いか確認する。
3、
前処置としてお口の中全体の清掃を行います。
  8、
マウストレーにホワイトニング材を注入し、お口の中に装着します。
4、
ホワイトニング前の歯の色を調べて記録します。
  9、
ホワイトニングは1日2時間以内になるようにしてください。
また、3日に1度は来院して、トレーの変形や歯の状態を確認します。
ホワイトニング前 ホワイトニング後
マウストレイ マウストレイ装着

関連ページ:デンタルインフォーメーション No.54 白い歯願望

家庭でできるホワイトニング

» ホームホワイトニングはこちら

その他

審美歯科とは

» 審美歯科について

ホワイトニングによる知覚過敏

» ホワイトニングによる知覚過敏

» ホームに戻る