Home > アーカイブ > 2013-08

2013-08

ともかく来て話してみませんか

地球に住む人類の口の中って、問題のない口はないのです!
大変なことです。
あなたの口ももちろんです。
何が起きているんでしょうか。

症状を自覚している人いない人、みんな問題を抱えています。

それはムシ歯でしょうか。
ムシ歯様症状でしょうか。
歯ぐきから血が出る?
歯周病でしょうか?

そんなことはないんですよ。
必ずしも歯の治療をしなくていいのです。

先日も区の検診を受けた時に歯がすり減っているから削って詰めましょうと言われた人が、 こちらで見たら実はムシ歯ではなく削る必要はないと言ったら驚いていました。

問題があるといっても、対処の仕方はいろいろです。
症状がなくてもお口の状態が悪く、放っておくとあとで大変な治療をしなければならなくなる人もいます。
問題はあっても治療せずに、そのままずっと症状もなく過ごせる人もいます。
皆さんの嫌いな削ったり詰めたりする治療以外の方法で治る人もいます。

私のオフィスでは口の中の問題に対する考え方を従来の考え方から大きく変えました。
こちらへ来て話してみてください、あなたの予想とはきっと違うでしょう。
ではあなたの場合は?
それを楽しみに聞きに来てください。

歯の治療への勘違い

歯を治療されることの恐さを考えたら、まずは行かないに限る?それが一般論でしょうか?

歯医者さんから見たら、何てもったいない! 痛くない時に歯ブラシトレーニング、クリーニングをしたら「超気持ちいい!」のに。

歯の痛い時に歯医者さんに行ったらどうなるでしょうか? どこが痛いですか? いつから痛いですか? どの程度痛いですか? ともかく痛い話ばかりです。 痛くないものまで痛く感じられるような雰囲気です。 そしてさわられていじられたら、もう泣きたくなるかもしれません。 したがって、歯医者は痛いことをする所と思われてしまうのでしょうネ。

ちょっと発想の転換をしましょう。 何のために歯医者さんに行くのでしょうか。 痛いことをされに行くのですか? 違いますよネ。 自分の健康が阻害されたから治療を受けて健康を回復するために行く所ですよネ。 だったら、ひどくならないうちに行った方がいいと思いませんか。 「自分では気づかないうち」のメインテナンスが治療の第一歩かもしれませんよ。

日頃健康を気にして生活していたでしょうか。 ちょっとでも意識が目覚めたら”今です”。 一度自分の健康度チェックをしてもらいましょう。 おどろく発見がありますよ。もちろん良い点もです。

歯医者さんに行った後はリップケアを!

歯医者さんに行くと、どうもくちびるが荒れてしまうと感じている方がいらっしゃると思います。

通常でも乾燥や体調でくちびるが荒れてしまうことはあると思いますが、歯医者さんでの治療の時には物理的刺激が加わってしまうので、くちびるにひびや荒れが生じやすくなります。

最近の学会でも治療でくちびるが荒れることに関する研究が発表されています。

リップパックやフェイシャルマッサージが効果があるということですが、なかなかそこまでは時間がとれないことと思います。 最低限、歯医者さんに行くときはリップクリームを持って行って、終わったら塗るといいですね。

Home > アーカイブ > 2013-08

フィード
メタ情報

Return to page top