HOME > 先制医療について
院長紹介

痛い時に歯医者さんに来ないで!?

皆さんは普段は歯の存在は忘れて仕事に集中していませんか?
しみたり咬めなくなったりという気になる症状があったら歯医者に行こうと思っていませんか。

でも、私のオフィスは痛い時に来る人にはちょっと違うかなという思いが生まれるでしょう。
・・・と言うと少し驚かれるかもしれませんね。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そういう気持ちで仕事に向かっています。

本当は痛くない時にいろいろなことをうかがって一番良いケアを見つけ出すことが理想です。
そして、美容室かエステに行ったように十分リラックスできて気持ちよくホッとした気分になっていただくことが私のオフィスの目的です。
それが私のオフィスとしての治療の基本と思っています。


院長 かとうかずこ

鶴見大学歯学部卒
東京医科歯科大学口腔外科
        麻酔科
昭和大学歯学部口腔外科・小児歯科を経て'94年開業

顎咬合学会・
Bio Balanced
Occlusion 研究会所属
http://www.bbo-center.com/
「ムシ歯、歯周病は歯医者では治らない」という本が出版されているのをご存じですか?
皆様のライフスタイルのの結果として起きたのが「ムシ歯」であり「歯周病」であり、また「全身的な隠れた病気(生活習慣病)」なのです。
シンプルに言うと、私たち歯医者はそれによってできた「歯の穴」または「欠損」を埋めているにすぎません。そんなに簡単にやる作業ではないのですが。
クォリティーオブライフを高めるため、今まで受けてきた治療方法に対する考え方を見直してみませんか?
日本人としてのいろいろなことに対するリテラシー(理解度)UPをはかりましょう。

痛いときだけ通えばいいと思っていたこと、
痛みが取れたら終わりと思ってしまったこと、
歯周病って治ってもとの歯茎になると思っていることなど、
今まで思い込んでいたことをもう一度考え直してみましょう。
私はアドバイザーとして皆様のお話聞きながら、どうしたら健康的な口もとやからだになることができるか、いろいろお話していきたいと思っています。


» ホームに戻る