Home > アーカイブ > 2014-07

2014-07

ミニパーティーってなぁに!?

歯医者さんでやるミニパーティーって何だろう、と不思議に思うと思います。

場所は歯医者さんですが、特別なことをやるわけではありません。
気軽に集まって、ワインと軽食をいただきながらガヤガヤおしゃべりするパーティーです。

他愛のないおしゃべりをしにくるだけでもOKです!
何か話題にしたいことがある人はもちろん、何もなくても
私が関心をもっている健康全般に関することなら話題は尽きません。
その他、歯医者さんに聞いてみたいことなどもOKですよ。

いままでこのようなパーティーを今まで3回行いました。
他愛ないおしゃべりで2時間ぐらいすぐ経ってしまいます。

次回第4回は8月ごろにしようと考えていますが日程はまだ未定です。
今までと同じような会費や時間帯で行おうと思っています。
詳細が決まったらまたお知らせしますので、参加希望の方はお電話くださいね。
03-3502-5952

参考:
前回のご案内はこちら
http://dentkato.com/blog/?p=353

むし歯治療

とても小さくとも、黒くなっていて少しでも穴があいていればれっきとしたムシ歯です。
機械でキィーンと削って穴を大きくして詰めますか?
それとも、やめますか。

やめて経過を見ることも私たちは一つの手だと思っています。
あなたが変心(身)できればですが。

どう変心(身)するかって?
それは、できる人にしか伝わらないかも。

いろいろな性格の人に、私たちもどう対応するか本当に大変なんです。
歯をとっても軽視する人、人の話に注目してくださらない人、自分の考えが一番と思い込んでいる人には本当に難しいものです。
今はとても良いスタッフに恵まれ、けっこう忍耐できる人になりました!
今なら多くの人に伝えられそうです。
皆さんドンと来いかも。
ムシ歯がなんだと蹴散らしたい人には、私たち、親身になって対処しますネ!!

フェルデンクライスメソッドのセッションを受けて

ジェレミー・クラウスさんの個人レッスンで自分のからだの硬さの指摘を”からだ”で教えられました。
顎、首の骨の第一頸椎、第二頸椎への働きかけは、まさにBBO咬合治療の神髄でもあり、私のちょっとした質問から、皆さんセミナー受講者の前での実践となりました。(私が被施術者となっての実践)

軽く持ち上げた頭は自在に動き、他の人いわく、ロクロ首のようでした!
また、後で言われたのは、腕も抜けんばかりの可動性を示していたとのことで、本人はまったくヘラッとベッドで横たわっていました。

それが、1週間たってもからだが覚えているのか、余裕のある行動と共に、頭の思考回路も何かリラックスしているようです。こんなスバラシイたいけんを私一人してしまっては参加した皆さんには申し訳ない気分です!
皆さんにおすそ分けしたくて、一生懸命フィードバックしてトレーニングしてます。
自分のからだを使ってですが。

歯周病がなくならないわけ

DSCF0281

お掃除道具:こんなにいろいろあります。

歯周病の初期には自覚症状がないのでほとんど気づきません。
本人はもちろんのこと歯医者さんでも他の治療があると初期の症状は、時間の余裕がないと次の機会に後回しにしてしまうことが多いようです。
そうしているうちに口の中で、何かしらコマーシャルでやっているような症状と一致してくるとドキッ。
そして、歯科を意識するようになります。

もしも歯医者さんで治療を受けても、少し良くなって症状がなくなったらもういいと思って
歯医者さんに通わなくなるパターンが世の常です。
しばらくするとまた症状が気になってきて歯科に行きます。
そうやって惰性で歯科に行く繰り返し。
マンネリ化!
これが「痛くなったら行く」という悪い習慣になります。
そして潜かに、着実に悪化していきます。

歯ブラシの仕方は意外にむずかしく、プロに言われるのと自分でやるのとのギャップは大きく、何倍もの労力なので、身につくまでの時間の費やし方はお互いにかなりの根気が必要です。

皆さんの「めんどくさい・時間がない」を受けて、私たちサイドもいろいろ作戦を練っています。
最近のテクニックとして強い消毒力のお薬を歯と歯ぐきの隙間にふきつけて一気に菌を除去する方法や、お薬の服用で菌を減らす、歯みがき剤の中に菌を破壊する薬を入れる(CMでやっている)とか・・・。

でも、残念ながら機械的な清掃(自分でやる歯ブラシと衛生士さんの器械を使ったクリーニング)が一番だというのが臨床医の結論です。
自分の歯みがき・衛生士の歯ぐきの中に埋まっている歯の周りの清掃(PMTC=プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)・そしてメインテナンスの三刀流がほぼパーフェクトです。
このパーフェクトなペリオ(歯周病)治療こそ、これからを生き抜く最大のポイントでしょうネ!

 

フェルデンクライスのワークショップ

明日7月5日にフェルデンクライスのワークショップがあるので参加してきます!
http://feldenkrais-station.com/?page_id=1806
講師のジェレミー・クラウスさんは私がいつも受けている先生の師に当たる方で
フェルデンクライスの施術者のなかでもレベルの高い方です。

本当はアドバンストレーニングを受けたいところですが、
こちらはかなり高度なプラクティショナー(施術者)レベルの人が対象だし、
平日を含む連続五日間ということは、ほかの仕事を持っている人は対象にしていないようです。

「4. 顎、第一頚椎(環椎)、第二頚椎(軸椎)への働きかけ方」
というところなど、歯科と関連してくると思うのですが。

Home > アーカイブ > 2014-07

フィード
メタ情報

Return to page top